• ホーム
  • ピルには生理痛改善の効き目もある?

ピルには生理痛改善の効き目もある?

避妊用のピルには、生理痛改善の効き目があります。

生理痛は、プロスタグランジンという物質が子宮内膜に多く存在するのが主な原因とされています。
プロスタグランジンは、子宮を収縮させて子宮内膜を体外に排出する働きがあるのですが、この子宮の収縮が生理痛を引き起こします。
避妊用の低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、排卵を抑制します。
また、子宮内膜が厚くなるのを抑えて、受精卵が着床しにくい子宮環境にします。
子宮内膜を薄く保つことで、プロスタグランジンの量も少なくなり、生理痛も低減するのです。

また、子宮内膜症による生理痛にも効き目があります。
子宮内膜症になると、本来は筋層にとどまる知覚神経が子宮内膜まで広がり、子宮内膜が剥がれる生理の際に、強い痛みを感じるようになります。
ピルは、神経を増殖させる因子を抑えて神経の分布が減るため、子宮内膜症の痛みが抑えられます。

このように、低用量ピルには、生理痛に効き目があるので、強い痛みがある場合には我慢せずに服用することをおすすめします。
早めに飲み始めることで、子宮内膜症を予防することもでき、月経過多による貧血も改善できます。

ピルは、毎日ほぼ同じ時間帯に継続して飲むことで、ほぼ確実な避妊効果がある他、生理痛や生理不順の改善、PMS(月経前症候群)にも効果があります。
また、排卵抑制作用と子宮内膜を薄く維持する作用によって、卵巣がんや子宮体がんを予防する効果も期待できます。

飲み始めには、吐き気や不正出血が見られることがありますが、多くが飲み続けるうちになくなります。
どのピルも28日を1周期として、生理開始日から21日間飲み続けて7日間薬を休み、この間に生理のような出血(消退出血)が見られます。