• ホーム
  • 生理痛治療での避妊薬は同じ時間帯に飲む事が大切

生理痛治療での避妊薬は同じ時間帯に飲む事が大切

毎月、生理痛が酷く寝込んでしまうという女性は、少なくありません。
生理痛が酷過ぎるあまり、仕事や学校を休んでしまうといった、日常生活にも支障をきたすケースも多いようです。
同じ女性でありつつ、生理時の痛みは個人差があります。
ですので、周りの女性に痛みを分かってもらえず、辛い経験をした事もある方もいるでしょう。

毎回、強い生理痛で悩んでいる方は、避妊薬で治療をしてみましょう。
避妊薬のピルは、生理痛の緩和に有効としてポピュラーに、処方されている薬です。

生理時に強い痛みを感じる原因と言われているのが、子宮内膜に分泌される「プロスタグランジン」という物質です。
プロスタグランジンは生理が始まると、子宮を収縮させる働きを行います。
プロスタグランジンにより子宮が収縮する事で、子宮内膜が剥がれ落ち、経血となって排出されるのです。
ただ、子宮内膜が厚くなり過ぎてしまうと、当然プロスタグランジン量も増加してしまう事から、子宮の収縮も強くなります。

結果、生理が始まると子宮が強く収縮される為、激しい下腹部痛を感じるようになるのです。
避妊薬を服用する事で、子宮内膜の増殖を抑える効果が期待できます。
子宮内膜が厚くなり過ぎる事を防げば、プロスタグランジンも少なくなり、生理痛の緩和に繋がります。

ただ、避妊薬は正しく服用しなければ、効果を発揮しない為、その点は注意しましょう。
避妊薬を服用する時のポイントとして挙げられるのが、「同じ時間帯に毎日飲む」という事です。
毎日、服用する事は分かりますが、何故同じ時間帯に飲む必要があるのか、疑問に思う方も多いようです。
同じ時間帯に飲まなければ、体内のホルモン濃度を一定に保つ事ができません。
女性ホルモンの量を、ある一定に保つ事で避妊薬は効果を発揮する為、できるだけ同じ時間帯に飲む事を心がけましょう。