• ホーム
  • 病気への偏見により受ける精神的苦痛

病気への偏見により受ける精神的苦痛

最近よくテレビでも街の看板などでもまた、インタネットなど病気への支援また世界中で病気になった方への支援募金活動が活発に行われてるのをよく目にします。

私も時々支援に参加するため募金を行っています。

しかし、その一方で病気への偏見やその人に近づきたくないという人も中にはいます。
そういう回りの偏見から病気になった人は精神的苦痛を受けまた別の病気にもなりかねません。
実際現実問題として学校や職場などでもその病気が原因で精神的ストレスとなりこもりっきりになっている方もいます。

そういった病気への偏見を持つ人は見た目で判断し害が自分に及ぶと勘違いしてるのかもしれません。
しかし、病気になった本人は、病気と闘うことで頑張っており周りの一般の人と何ら変わりありません。
むしろ普通の人より何倍も苦労し頑張っていると思います。

そういった光景を目にすることで私たちもきっと病気と闘っている人を罵倒するどころかむしろ応援して助けてあげたいと思うのではないでしょうか。
もし、自分が病気をして回りから違う目でみられ偏見された時のことを思うなら相手に精神的苦痛を味あわせたいとは思わないはずです。

一人でも多くの方が病気と闘ってる人のことを考えてくれるとうれしいです。